・東京都水道局指定工事店
 ・東京都下水道局指定工事店
 ・川崎市排水設備工事公認事業者
 ・横浜市水道局給水装置工事公認事業者
 
 

設備の健康診断

給水においては、水のカルキ臭(塩素臭)やカビ臭、排水では様々な廃雑物が溜まることで悪臭の発生や水の流れが悪くなるなど、経年変化によりさまざまなトラブルが発生します。このような状態を長く放置すると管自体の消耗も早まり、不衛生なばかりか設備の改修・修復が必要になってきます。

人間の血液に例えると、年月が経つにつれ血管内部に徐々に詰まる原因となるコレステロールがたまっていき、流れが悪くなった状態です。

排水管を例にした経年変化

排水管の経年変化例

 

内視鏡検査で管内の状態をチェック!

屋内・屋外の給排水設備の小さなトラブルを軽微な改修工事で済んだはずにも関わらず、長い間放置することで大規模な改修工事になってしまわないためにも、弊社では設備の健康診断である管内の内視鏡検査を強くお勧めいたします。

c001 c002 c003 c004
調査風景 排水管にカメラを挿入 トイレ給水管 入口から10m付近。
錆瘤が大きく成長し、
ほぼ閉塞状態

 

受水槽のチェック

普段はあまり見ることの無い受水槽回りですが、経年経過によりさまざまなトラブルの原因が発生してきます。早期に問題を解決し、大きなトラブルを未然に防ぐ必要があります。

受水槽のチェックポイント
(1)槽内の気槽部のボルト腐食
(2)槽内補強材の腐食
(3)外面劣化
(4)電極の腐食
(5)マンホール部のパッキン、蝶番不良
(6)通気管、防虫網
(7)架台の腐食
(8)水抜きバルブ劣化
(9)化粧パネルの亀裂
(10)喫水線の汚れ

 

お問い合わせ